食肉卸なら株式会社肉のさつま屋 » かごしま黒豚

かごしま黒豚

かごしま黒豚鹿児島黒豚は、肥育に時間がかかり、産子数が少ないものの、肉質が良いため、希少価値が高まっています。そこで、平成11年春に「鹿児島黒豚」が商標登録され、本物の黒豚を消費者に確実に届けるシステムが整備されました。
ほのかな甘さとやわらかい口あたりは豚肉の常識を超えた味わいです。

かごしま黒豚の特徴とおいしさのひみつ

  • 体毛は黒色で四肢、鼻梁、尾端の6箇所に白斑がある。
  • 体質は強健で、飼料の利用性に優れているものの、大型種に比べると産子数が少なく成長が遅い。
  • 肉は繊維が細かくやわらかい。
  • 肉は光沢と弾力に富み、保水性が高く肉がよくしまっている。
  • 脂肪の融ける温度が高く、べとつかず、さっぱりしている。
  • うまみを引き出すアミノ酸の含有量が多いため、おいしく特有の小味がある。
  • 肉の臭みが少ない。

西郷隆盛も絶賛した「かごしま黒豚」

黒豚は江戸時代後期に、薩摩藩の18代藩主島津家久によって、中国から移入されたと言われます。
黒豚の名が全国に知られだしたのは幕末か明治にかけて。幕末の水戸藩主徳川斉昭公を「いかにも珍味、滋味(あじわい)ありコクあり、なによりも精がつく」と感嘆させた鹿児島黒豚。維新の西郷隆盛もこよなく愛したと言われています。このように歴史に育まれた鹿児島黒豚は、いまでも日本を代表する豚肉となっています。
在来の黒豚に、改良を重ねて完成された鹿児島黒豚。
鹿児島黒豚は筋繊維が細かく、肉質のしまりに優れています。
そのため、歯切れがよく独特の小味があり、ほかでは味わえない美味しさで大好評です。
鹿児島黒豚は、鹿児島が品質、生産量とも日本一を誇る特産品です。

「おいしさ」を求めて、続ける努力

黒豚の先進地である鹿児島は、黒豚の研究においても、世界でも類を見ないスケールと内容を誇っています。
研究は、鹿児島県畜産試験場で主に行われているわけですが、他県から見学、勉強に訪れるほど、 かごしま黒豚のおいしさの背景には、つねにそれに関する研究への姿勢があるというわけです。

昭和47年から続けられた系統造成によるかごしま黒豚の品種改良は、10年の歳月をかけて昭和57年に系統豚「サツマ」を完成。
発育を良くし、赤肉と脂肪のバランスを良くすること、モモの肉量を増やすことを目標に改良した結果、 個体のバラツキが小さく、斉一性も繁殖能力も産肉能力も高い黒豚が生まれたのです。

また、量から質へと転換した豚肉の需要にマッチするように昭和57年からイギリスバークシャーを基礎とした系統造成を開始し、 平成3年に「ニューサツマ」を完成。
さらに、鹿児島在来の黒豚のみを基礎とした第3系統「サツマ2001」が平成13年7月に完成しました。

現在も第4の系統豚の造成が進められています。このようにおいしいかごしま黒豚をお届けする努力を、つねに続けています。

「かごしま黒豚」をつくっているのはカンショ?

かごしま黒豚を支えるもうひとつのパワーはカンショ(サツマイモ)。
カンショを飼料として与えることで黒豚の脂肪の質が向上することは、研究結果によっても明らかで、 脂肪の融点が上昇し、不飽和脂肪酸含有量が減少します。

かごしま黒豚のさっぱりとした食感やしまりのある肉質はこういう点が背景になっています。また、カンショを給与することで、赤肉脂肪中に抗酸化作用のあるビタミンEが増加することが分かっています。

鹿児島黒牛、かごしま黒豚のお問合せ

肉のさつま屋トップ